当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

TFS2013をDevOps2019へアップグレードしてみた③

こんにちは、ゆめたろうです。

 

少し日が空いてしまいましたが、Team Foundation Server 2013から、Azure DevOps 2019へのアップグレード手順の続きを書いていきます。

 

前回までの手順はこちらからどうぞ。

関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。 Team Foundation Server 2013から、Azure DevOps 2019へのアップグレード手順の続きとなります。 前回までの手順はこちら[…]

Azure DevOps イメージ
関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。 休止していた間に、前々から使っていたMicrosoft製ソースコード管理の「Team Foundation Server 2013」を、「Azure DevOps Server 201[…]

Azure DevOps イメージ

 

今回は、Team Foundation Server 2013でのバックアップ操作を行っていきます。

早速、手順の方を見ていきましょう。

 

Team Foundation Server 2013のバックアップ手順

バックアップ方法も色々とありますが、Team Foudation Server管理コンソールから実施するのか一番シンプルだと感じましたので、そちらをベースに進めていきます。

 

という事で、スタートからTeam Foudation Server管理コンソールを起動しましょう。

Team Foudation Server管理コンソール

 

起動したら、左のツリー内に「スケジュールされたバックアップ」という項目がありますので、そちらを選択しましょう。

今回は、スケジュールされたバックアップが存在しない状態で画面をキャプチャしています。

スケジュールされたバックアップ(スケジュール無し)

 

「スケジュールされたバックアップの作成」ボタンを押下すると、「スケジュールされたバックアップ ウィザード」が立ち上がります。

バックアップ用ネットワークパスには、ネットワークパスでの指定が必須となっていますが、任意のローカルディレクトリで共有フォルダを作成しておいて、ループバックアドレスで指定してしまえば、ローカルディレクトリ内へバックアップを取得する事も可能です。

スケジュールされたバックアップ ウィザード

 

今回は、レポートデータベースのバックアップを取らずに進めます。

レポートデータベース

 

SharePointデータベースもバックアップしません。

※Azure DevOps Server 2019では、SharePointがサポートされていません。

SharePointデータベース

 

データ移行目的でのバックアップなので、通知設定も不要です。

通知設定

 

バックアップスケジュールについては、今回は手動を選択しました。

バックアップスケジュール

 

設定内容を確認し、検証へ進みましょう。

設定内容確認

 

準備チェックに合格する事を確認して、構成ボタンを押下しましょう。

準備チェック

 

構成処理が正常に完了する事を確認します。

構成処理

 

閉じるボタンを押下して構成完了となります。

構成完了

 

スケジュールが完了した後は、次のように画面が変化していますので、右上にある「完全バックアップを今すぐ実行」を押下しましょう。

完全バックアップを今すぐ実行

 

完全データベースバックアップが正常に完了する事を確認しましょう。

完全データベースバックアップ

 

これで、指定していたディレクトリ内にバックアップデータが生成されているはずです。

 

という事で、Team Foudation Server 2013のバックアップ手順はここまでとなります。

 

まとめ

今回は、Team Foudation Server 2013のバックアップを、Team Foudation Server管理コンソールを使って行いました。

 

次回は、移行先サーバ上で構成したSQL Serverへの復元作業を記事にしていこうと思います。

記事が出来上がっておりますので、続きはこちらからどうぞ。

関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。 最近、夜が冷え込んでくるようになりましたね。。。温度差で体調を崩しやすい時期なので、皆様も気を付けて過ごされてください。 さてさて、今回もTeam F[…]

Azure DevOps イメージ

 

それではまた!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


Azure DevOps イメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!