当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

突然ブログ記事が書けなくなった!?スランプの原因と対処法を解説!

こんにちは、ゆめたろうです。

 

ブログ運営を始めてから1ヶ月と少しが経ちましたが…

それは突然訪れました。

 

そうです。

記事のタイトルにもある通り、『スランプ』ですね。

 

ブログ記事の執筆という分野では、初めての事ですので、少々困惑しつつもがいている状況です。

 

ネタのストック帳には、ざっと50くらいのプランが蓄積されているのに…

 

選んだネタに対して記事を書こうとすると、5分くらいして急に手が止まる。

ダメだこりゃ、と思って別のネタを選んで書き始めるけど、また5分くらいで手が止まる。

 

完全にスランプだと思います。

 

ブログに限った話ではありませんが、結論から言うと、何かを継続していれば『スランプ』を避ける事は不可能です。

しかし、それを乗り越えれば大きな飛躍があるはずです(ブログ以外での経験則ですが)。

 

そして、スランプ状態の中、色々と試行錯誤した結果…

 

今自分が陥ってる『スランプ』という症状そのものにフォーカスを当てれば、少しは読者に伝わる記事が書けるかな?と思いましたので…

今回は『スランプ』が訪れる理由と、その対処法について記事にまとめてみようと思います。

 

継続していれば誰もが通る道である

 

冒頭で申し上げた通り、どうも自分は『スランプ』の状態に陥ってしまっているようです。

 

そんな自分は、すぐさま「ブログ スランプ」というキーワードで、何か対策方法がないかを検索してみる訳です。

 

すると、すぐに分かりましたが….

 

どのような有名ブロガーさんであっても、『スランプ』を必ず経験しているようでした。

 

「そうか~。やっぱりスランプって誰にでも起きるよね~。」

と安堵するだけでは、そこで終わってしまうので…

 

早速、この『スランプ』の原因について、自分なりに考察していこうと思います。

 

何故スランプに陥るのか?

ブログに限った話ではありませんが、何かを継続していれば『スランプ』というものは、必ず訪れる物だと言います。

事実、自分が過去に経験してきた『バンド活動』や『プログラミング』等もそうでした。

 

残念ながら『スランプを起こさない方法』というものは存在しないのですが、スランプに陥る原因を知っておくと、少し気持ちが楽になるのかなと考えましたので…

『スランプ』が発生してしまって原因について、自分なりの考えを2点程まとめてみました。

 

  • ある程度記事を書き続けていると、投稿後の周りからの反応が予測出来てしまう
  • 日々の行動に対して、中々結果が付いてこないという状況が、熱量を削いでいく

 

これらの原因について、もう少し掘り下げて説明してみようと思います。

 

ある程度記事を書き続けていると、投稿後の反応がある程度予測出来てしまう

ブログ運営開始直後は、記事を投稿するときに

 

『よし!渾身の出来栄えだ!これだけ書けばきっと沢山の人が見てくれるはず…!』

 

みたいな感じの事を考えながら投稿していましたが…

 

完全ブログ初心者が書く記事の質なんて、たかが知れていますし、そもそも『お前誰だよ』となってスルーされるのがオチです。

 

なので、実際のところは『ほとんど誰も見に来ない』し、『ほとんど誰からも反応されない』。

これが現実です。

 

ブログは特にですが、『始めたばかりの時期』が一番キツイと言われているので、仕方のない事なのかもしれません。

 

事実、『行動する前』もそのことは知っていましたし、「そりゃあそうだよね」と、それほど気に留めてなかったのですが…

いざ行動してこの状況を体感してみると、思っていたよりずっとしんどいなと感じます。

 

これを毎日毎日繰り返して、日々絶望を繰り返していると、嫌でも疲労を感じてくるものです。

 

日々の行動に対して、中々結果が付いてこないという状況が、熱量を削いでいく

これも前項と類似している内容かもしれませんが、やはり中々結果が出ないと、精神衛生上良くないですね。

 

出だしの頃は、日を追うごとに徐々にPV数も増加傾向にあったのですが、今は逆に下がり続けています。

 

 

こちらのツイートからも分かるように、具体数は伏せていますが、PV数が減少を続けている状況です。

 

なるべくポジティブな発言をしようと努めていたので、「収益率は増加」と発言していますが、内心では「ヤバい」を連呼している状態(笑)

 

追い込まれてしまえば、スムーズに情報をアウトプットをするのが難しくなるように感じます。

個人的には、この辺りの記事から品質が低下し始めていた気がするので、実はスランプが始まったのはこの時なのかもしれませんね。

 

スランプと上手く付き合いながら乗り越える必要がある

冒頭で、『何かを継続していれば『スランプ』というものは必ず訪れる』、と解説しましたが、それでもいつかは乗り越える必要があります。

 

僕は、ブログにおいて『スランプ』が発生したのは今回が初めてなので、『乗り越えれば具体的にこのくらい伸びる』といった解説をする事はできません。

しかし、今までの社会経験上で、どんな時でもスランプを抜けた先には大きな飛躍があることは分かっています。

 

 

では、先人達はどのようにブログ運営の『スランプ』を乗り越えてきたのでしょうか?

 

調べてみたところ、細かい部分まで言えば対処法は十人十色なのですが、大きく分類すれば以下の二つに分ける事が出来るようです。

 

  • 普段通り行動し続ける
  • 自然にスランプが解消されるまで待つ

 

なるほどなるほど。

 

正直、どちらの選択が正解か?と聞かれると、『人それぞれ』という答えになってしまうのですが。

そのように感じる中で、僕は前者の『普段通り行動し続ける』を選択し、何とか現在進行形で記事を書き続けています。

 

理由としては次の二つだけですね。

 

  • 一度ルーティンを崩してしまうと、折角習慣化させた事が振り出しに戻ってしまうから
  • 『スランプっぽいからちょっと休もうかな』を一度でもやってしまうと、スランプの度にそれをやってしまいかねない

 

もちろん『毎日更新を宣言してるから』という要素も多少はあるのですが、何よりも『習慣』が崩れてしまう事が嫌だからです。

 

「継続には苦労を伴う」事も、初めから覚悟していた事ではありますので、SEO対策だとか、コンテンツの質だとか、そういった事は一旦頭から排除してしまってでも、「習慣」という資産を守っていこうと思います。

 

後からリライトで補強する事も出来ますし、ホントに救いようがない記事であれば、「noindex」すれば良いだけの話ですからね。

 

まとめ

以上、『スランプ』が訪れる理由と、その対処法について、自分なりの考察をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

なんだかんだで、今の自分の『スランプ』にフォーカスを当てて、記事を記載していると、あっという間に3000文字となっていました。

 

やはりブログ記事執筆の基本は、「自分が今体験している事」を、読者へ役立てるような形にまとめて発信する、という事なのでしょうか。

 

多少、記事構成がまとまっていなくても、読者にとって有益な情報発信を続けていけば、Googleの理念に則る事が出来るはずなので…

これだけはしっかりと続けていきたいところですね。

 

スランプを抜けたら、「どんな感じにレベルアップしたか」についても、同じく記事にしてみたいですね。

同じ悩みを抱えている人が見た時に、「よーし自分も頑張ろう!」という気持ちになれるかなと思いますので…。

 

しばらくはスランプ状態が続くかもしれませんが、『うまく付き合いながら』継続して記事を書き続けたいと思います。

 

それでは今回はここまでとなります。

ありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


スランプに悩むイメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!