当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

【初心者向け】外部SEO対策とは?具体的な対策内容を解説します

こんにちは、ゆめたろうです。

 

ブログに訪れてくれるユーザー数を増やしていくために欠かせない『SEO対策』ですが、自分で施策出来る『内部SEO対策』とは違い、外的要因が強く絡む『外部SEO対策』は初心者ブロガーにとって難度の高い壁だと思います。

 

事実、自分自身も如何にしてこの『外部SEO対策』を行っていくか、試行錯誤を重ねているところです。

という事で、今回はSEO対策の中でも『外部SEO対策』にフォーカスして、概要や要点について解説してみようと思います。

 

外部SEO対策とは

外部SEO対策を試行錯誤するイメージ

「外部」という名前が付く通り、自サイトの外的施策を適切に施す事によって、より検索上位を取りやすい状態を作り出す事を指します。

そして、『外部SEO対策』の大部分を占めるのが『被リンク』と呼ばれるものとなります。

 

『被リンク』は、リンクを被るという事で、他サイト上に自サイトのURLリンクが掲載されることを指します。

本来、Googleが最も重視しているものは『コンテンツの質』なのですが、現時点の技術ではコンテンツの中身だけで世間評価を判断することが困難です。

そのため、『被リンク』『どのようなサイトから受けているか』や、『どれくらいの数を受けているか』という情報を使って、世間評価を推論しているのです。

 

従来の外部SEO対策は『数の暴力』だった

膨大なネットワークリンクのイメージ

2016年頃に行われた、Googleの『ペンギンアップデート』が施工される前までは、単純に『被リンク数』だけが指標となっていたため、自作自演等を行う事も容易に出来たそうです。

しかしながら、現在はそうは簡単にはいきません。

 

この『ペンギンアップデート』によって、前項でも申し上げた『どのようなサイトから受けているか』というものが重要視されるようになり、自作自演はもちろん、低品質なサイトから受ける被リンクについては、ペナルティによって逆に自サイトの評価を落としてしまう事に繋がりかねないのです。

 

こういった経緯もあり、現在は完全に『量よりも質が重要である』というのが一般論化しています。

という事で、良質な被リンクとそうでない『被リンク』について、以下に書き出してみようと思います。

 

『被リンク』にも様々な種類がある

プラス効果のある被リンク

  • ナチュラルリンク
  • 高品質なサイトからの被リンク
  • 相互リンク(注意点有)

 

マイナス効果のある被リンク

  • 自作自演の被リンク
  • 被リンクの購入
  • 悪意のある第三者からの被リンク

 

『被リンク』と一括りに言っても、厳密には上記のように様々な種類の『被リンク』が存在します。

 

「だったら、マイナスになるような事をしなければ良いんだよね!」

 

そのようにあなたは思ったかもしれませんが、一概にそうとも言い切れない部分があります。

マイナス効果のある被リンクも、使いようによっては強力な武器となりえるケースが存在するのです。

 

という事で、ここから更に掘り下げていこうと思います。

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOについて

善悪を手で表しているイメージ

どこかで聞いた事がある方もいらっしゃるかと思いますが、見出しの通りホワイトハットSEOブラックハットSEOと呼ばれる手法が存在します。

 

名前のイメージ通り、ホワイトハットSEO『推奨される手段』ブラックハットSEO『推奨されていない手段』によって、それぞれ上位表示を狙っていく手法となります。

それでは、これら二通りの手法について、もう少し掘り下げていきましょう。

 

ホワイトハットSEOとは?

ホワイトハットSEOとは、Googleから推奨されている手段を用いて行うSEO対策です。

一言でいうと、『ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる』という、Googleの最も基本的な理念に基づいた行動を取りながら上を目指すという事になります。

 

この手法で攻めていく場合は、いわゆる『まっとな手段』によって、前項にもあった『プラス効果のある被リンク』の獲得につながる行動を起こす必要があります。

そして、ホワイトハットSEOで攻めた場合、出てくる結果に以下のような特徴が現れる事となるでしょう。

 

  • Googleからペナルティーを受ける事もなく、安定してドメインパワーを育てる事が出来る
  • ナチュラルリンクが集まるまでに時間を要する

 

このような特徴があります。

一言でいうと、真っ当なやり方だけど結果が出るまでには時間がかかるよ、という事です。

 

ブラックハットSEOとは?

ホワイトハットSEOの真逆で、Googleから推奨されていない手段を用いて行う施策をブラックハットSEOと呼びます。

 

ブラックハットSEOでは、自作自演やリンク購入等の手法を用いて、意図的に被リンクを自サイトへ集める手法となります。

ホワイトハットSEOであれば、ナチュラルリンクが安定して集まるまでには相当な時間を要するのですが、ブラックハットSEOであれば短期間で多くの被リンクを集めることが出来るため、短期でドメインパワーを育て上げる事が可能となるのです。

 

しかしながら、『Googleから推奨されていない手段を用いる』という事は、当然ペナルティーを受けるリスクがあります。

もしペナルティーを受けてしまえば、当然ながら検索順位を大きく引き下げられてしまいますし、立て直しにも時間を要する事でしょう。

 

しかしながら、ペナルティーを受けてしまうリスクがあってでも短期間で結果を出したい場合にはうってつけの手法です。

ただし、被リンクを購入したりする場合は、その量に応じて資金もかかるため、難易度は比較的高めだと言えるでしょう。

 

という事で、ホワイトハットSEOブラックハットSEOと言った、相反する考え方の手法を紹介しましたが、いずれの手法にもメリット・デメリットが存在します。

特にブラックハットSEOは、ペナルティーという大きなリスクを抱えているので、使う方は注意しながら運用しましょう。

 

外部SEO対策を上手に行うポイントとは

『外部SEO対策』は、自分でコントロールすることが出来ません。

しかし、コントロール出来ないとは言いつつも、結局のところは高品質なコンテンツを作り上げていく事が信頼の積み上げに繋がり、結果的にナチュラルリンクを生み出す事となるのです。

 

どのようなコンテンツが高品質であるかについては、こちらの記事で詳しく解説しておりますので、宜しければご覧ください。

関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。SEO対策の中にはいろいろな要素がありますが、そもそも『コンテンツの品質次第だよね』という話を聞いたりすることがあります。では、良質なコンテンツとは一体どういったものなのか?という事で、今[…]

SEO対策マップ

 

まとめ

以上、『外部SEO対策』について、概要や要点を整理しながら解説いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

僕達夫婦は時間がかかっても良いので、やっぱりホワイトハットSEOの考えに則って、日々努力をしながらしっかりと信頼を積み上げていきたいですね。

真っ当な手段で努力しながらブランディング出来れば、サイトも長生きしますからね。

 

という事で、今回はここまでとなります。

ありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


SEO対策のイメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!