当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

【経験則】無駄を排除し生産性を高める方法

こんにちは、ゆめたろうです。

 

僕は今朝に、こんなツイートをしました。

そうです。

実は、今夜は仕事仲間との飲み会が予定されていました。

しかしながら、以前同じようなメンバーと参加した際に、『愚痴&愚痴&愚痴』非常に生産性が低い時間となってしまっていたため、今日はバッサリ断って帰宅しました。

 

生産性と無駄は相反するものです。

現在の僕は、物事の生産性をよく考えた上で行動に移すようになったのですが、昔は『付き合い』といったものを重視し過ぎるが故に、嫌でも飲み会に行ったりする事がありました。

飲み会、基本的には大好きなんですけどね。

 

でも、自分が望んでいないのに時間を消耗していくのは、『無駄』の一言に尽きます。

という事で、僕なりの生産性の高め方について、経験談を交えながらご紹介したいと思います。

 

不要と感じるものに『No!』を突き付ける勇気を出そう

NOと言える勇気を表したイメージ

冒頭で、『生産性と無駄は相反する』という話をしました。

 

人間誰しも、一日は平等に24時間しかありませんよね。

8時間くらい睡眠を取ったと仮定すれば、残り16時間。

その上に、僕みたいな会社員であれば最低でもマイナス8時間ですし、更に食欲等の生理的な要因で発生する時間を差し引くとすればマイナス4時間分くらいでしょうか。

 

結果として、1日たったの4時間しか残りません。

 

無理やり伸ばそうと思ったら睡眠時間を削るという手がありますが、それは翌日の生産性を低下させる事につながるので、あまり良い方法ではない。

シンプルな話ですが、徹底的に無駄を切り捨てる事が重要です。

 

他人に足を引っ張られている場合ではありません。

あなたの人生なのですから、あなたが主体的に判断して行動すべきです。

この部分さえしっかり押さえておけば、人に流される事なく断る勇気も自ずと出てくるはず。

 

自分の時間さえ確保できれば、あなたの自己成長に投資しやすくなるわけですから、あとはアクションをしっかり起こせば、結果的に人生が豊かになる可能性が高まります。

 

  • でも、そんな事してたら友達が減ってしまうんじゃない?

 

なるほど。

それも一理あります。

しかしながら、あなたにとってその友人は『本当に有益な存在』でしょうか?

 

僕は別に、人付き合いを一切やめるべきだと言っている訳ではありません。

互いにモチベーションを高めあったり、有益な情報交換を行う事が出来る。

そういった相手とであれば、むしろどんどん絡んでいくべきです。

 

如何に、自分にとって有益となるであろう行動を選択出来るか。

生産性を高める最もコアな部分だと考えています。

 

完璧を求めない事

100点満点のテスト用紙のイメージ

これは、皆さんもよく耳にする言葉なのではないでしょうか?

 

それでは、完璧を求めてしまうとどうなるのか。

シンプルに、行動に移すのが遅くなってしまいます。

 

ブログやプログラミングに限った話ではないのですが、完璧主義を持つ人は、例えば「この業界は当たるんじゃないか?」とか、「こっちの業界だったらどうだろう?」とか…

行動する前に、結果ばかりを予測してしまう傾向にあります。

 

こういった完璧主義者の行く末は、『確実でないから様子見をしよう』といった、アクションを伴わずにエンドを迎えてしまうケースが非常に多いのです。

 

そもそも、人間が絡んでいる以上、世の中に100%という概念は存在しないのです。

それよりも重要なのは、『自分がやりたいことを出来ているかどうか』です。

 

なんだってやってみないと分からない。

やってみて、面白くないと感じるのであればやめてしまったって良いんです。

結局はそれを繰り返さないと、本当に好きなものなんて中々見つからない場合がほとんどです。

 

昔と違って、『失敗したら打ち首』なーんて事もないのですから、失敗を恐れずにどんどんトライしてみるべきだと思います。

 

やる気に左右されないような仕組みを作る

リラックスしている様子

皆さんは、日常でこんなことを考えたりはしないでしょうか?

 

  • 今日はやる気満々だから、いつもの3倍くらいの作業をしよう!
  • 残業やらなんやらで凄く疲れた…。今日はもう休んじゃおうかな。

 

自分も以前は上記の考え方だった時期がありました。

 

しかし、結論から言って、こういった『その日のやる気』に左右されるような形で行動をしていると、いつまでたっても習慣付けをする事が出来ません。

何かしら結果を出そうと思っているのであれば、感情主体で行動するではなく、論理的に考えて行動する事が成功への近道です。

 

もちろん、初期のトライで『あー、これ面白くないや』となった場合は、前項で申し上げたように、別の分野で頑張る事をおすすめします。

 

自分に合ってるか合ってないかは、2~3日やってみる程度でも十分判断出来ますし、その段階で合ってないと感じた場合は、根性で無理やり継続したとしても、その分野を好きでやっている人を上回る事は難しいでしょう。

 

好きこそものの上手なれ、です。

という事で、習慣付けのコツについて以前まとめた記事がありますので、こちらの記事が参考になるのではないかと思います。

関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。 まだまだブログ記事作成に慣れるのには時間がかかりそうな感じです。1週間弱、記事を書き続けて分かってきましたが、今の僕が1記事作るのに必要な所要時間は大体3~4時間前後であるよう[…]

 

まとめ

以上、生産性の高め方に3点程まとめさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

日々、こういった事を意識しながら行動出来るようになると、圧倒的に生産性を高める事が出来ると思います。

あとは、結果を出したい分野に対して、生産性の高い状態で継続的に努力をし続けるだけです。

凄くシンプル。

 

ですが、頭で分かっていても実行出来る人はそう多くない。

それは確かに事実です。

 

しかしながら、逆に考えれば。

これさえ出来れば、控えめに言っても周りより100歩くらい前へ出れると思います!!

 

自分の人生を豊かにするために、生産性を高めて有益な行動をしていきましょう(*´ω`*)

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


宜しければフォローして下さると嬉しいです!