当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

【妊娠1ヶ月目】初めての妊娠

こんばんは!

ゆめみこです。

今回は妊娠発覚時のお話となります。

 

どうやって妊娠に気付いたのか

月経が止まったことで「あれ、おかしいな?」と思いました。

私の場合、月経は毎月安定してきていたことから尚更ですね。

整理不順の人は月経が止まったとしても中々気付けないかもしれません。

 

そのあとは近所のドラッグストアで妊娠検査薬を購入し、自宅の方で検査しました。

そこで陽性と出たわけです。

 

ちなみに私が使用したのはクリアブルーという商品です。

 

そして産婦人科へ

産婦人科には事前に電話で予約して行きました。

私が行った産婦人科は初診でも予約が必須だったので電話予約をしたのですが、病院によっては予約が不要なところもあります。

初診で予約が必要かどうかは病院のサイトを確認するか電話で一度問い合わせてみましょう。

 

いざ産婦人科に行くと、尿検査や看護師さんの問診、経膣エコーがありました。

尿検査は詳しい結果は聞いてませんが、陽性のようでした(問診表チラ見)。

 

問診では色々聞かれますが、そんなに身構えなくて大丈夫です。

いつも通りお話しましょう。

 

初回の経膣エコーでは胎嚢(たいのう)が確認できました。

胎嚢とは赤ちゃんが入っている袋のことです。

 

そして初回のエコー写真はこちらになります。

妊娠1ヶ月のエコー写真

 

本当に写真に赤ちゃん写ってますか……!?

と、聞いてしまいそうになったくらいまだまだ小さかったです。

よくよく写真を見ると、写真の真ん中あたりにが二つ見えると思います。

どうやらそこに赤ちゃんが入っている胎嚢があるみたいです。

 

この時は妊娠5週目くらいでした。妊娠超初期ですね。

赤ちゃんの心拍はまだ確認できない状態でした。

 

心拍が確認できなかったので、お医者さんから2週間後にまた来てね~と言われました。

そしてお会計です。

 

6,500円支払いました。

 

まだ補助券がない状態で受診をしたのでこの金額になりました。

保険と自費の組み合わせでのお支払いです。

 

初診かつ妊娠疑いで産婦人科にかかる人は最低でも1万円は持っていきましょう。

 

さて、今回はこのここまでとなります。

次回は妊娠2ヶ月のことについて書こうと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました(*’ω’*)

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


ハートと妊婦
宜しければフォローして下さると嬉しいです!