当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

【妊娠】母子手帳は大切に扱いましょう!

こんにちは!ゆめみこです。

妊娠すると、役所や病院などで母子手帳をもらいますよね。

しかし、母子手帳はもらえても、母子手帳ケースをもらえるところは少ないのではないのしょうか?

 

「もらえないなら別にそれでもいいかな…」

もしかしたらそのように考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、母子手帳ケースをもらえないからと言って母子手帳をそのまま持ち歩いたりする事はあまりおすすめしません。

ということで、今回は【母子手帳ケースの必要性】についてお話していきます!

母子手帳ケースは必要!

母子手帳ケースと母子手帳

必須というわけではありませんが、やはり母子手帳ケースはあった方が便利です。

実際、私も母子手帳ケースを使っています。
とは言っても、ある雑誌の付録だったりする訳なのですが…(笑)

分かる人には分かるのかもしれませんが、ここではあえて雑誌名は出しません。

それでは、なぜ母子手帳ケースはあった方が良いと思うのか?

これからお話していきますね!

母子手帳ケースは万能なものです!

母子手帳ケースを使うことにはこんなメリットがあります。

  • 子供の保険証や医療証、診察券、予防接種の問診表などを一緒に入れておくことが出来る
  • 母子手帳を汚れから防ぐことが出来る

 

子どもによって母子手帳ケースを分けておけば、わざわざ一つ一つを探す必要もなくなるので便利だと思います。

 

冒頭にも書きましたが、母子手帳ケースにカバーがついているかどうかはもらった母子手帳次第です。
私がもらった母子手帳にはカバーがついていました。

カバーがついていないと、表紙に汚れがついたり破れたりすることも…。

 

なお、母子手帳には予防接種を記録するページがあるのですが、予防接種は定期接種であれば、中学校1年生まで続きます。
ということは、母子手帳をもらってから約12年…。

12年もカバーや母子手帳ケースがない状態できれいに保つことができるでしょうか?
非常に難しいと思います。

母子手帳は長く使うものになるので、きれいな状態を保つためにも母子手帳ケースをぜひ購入しましょう!

まとめ

母子手帳はとても大切なものです。

予防接種や妊婦検診の結果を記録する以外にも役割があります。

  • 出産時の記録
  • 子どもの成長記録
  • 育児のアドバイス

などなど…。

どの項目も大切なものですよね。

 

私は最近、母親に自分の母子手帳を見せてもらいました。

そこには私の成長記録がびっしりと…。

いざ大人になって見返すと、感慨深さがあります。
自分が知らない自分を見たような感覚になりました。

もし、お家に自分の母子手帳がある方は見返してみてはいかがでしょうか?

 

という事で、少々話が脱線してしまいましたが、母子手帳をきれいな状態できちんと保管するためにも、母子手帳ケースは購入しておく事をおすすめします!

 

それでは今回はここまでとなります。

読んでいただきありがとうございました(*’ω’*)

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


母子手帳のイメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!