当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

【妊娠記録】妊娠中に気を付けておくべき事

こんにちは!ゆめみこです。

 

最大10連休のゴールデンウィークも後半に入りましたね。

お休みの日の時間経過が早く感じるのは私だけでしょうか?

 

さてさて、今日は妊娠中に気をつけるべきことについてお話したいと思います。

※これから話すことは「絶対ダメ!!」というわけではありません。

 

妊娠中に気をつけるべきこと

妊婦さんの画像

妊娠中の女性は気を付けるべきことが沢山あります。

妊娠前とは全く違う生活を送る方も少なくはないと思います。

 

しかし、全ては赤ちゃんのためなのです。

妊娠中に良くないことをしてでも可愛い我が子を苦しめたいと思いますか?

 

私自身も、やはり実際に子供が出来ると考え方が激変しました。

という事で、気を付けるべき事をまとめて行こうと思います。

実際に私が妊娠発覚後にやめた事は、下記2点となります。

  • 飲酒
  • 生物(生ハム等)の摂食

 

飲酒について

ビールの画像

特に私はお酒が大好きで毎日のように飲んでいたのですが…。

妊娠が発覚して、スパッと断酒することができました。

 

あれだけ毎日のようにお酒を飲んでいたのにあっさりとやめれた自分に正直驚いています(笑)

不思議なことに、今は飲みたい気持ちの欠片もありません。

 

お腹にいる赤ちゃんへの影響を一番に考えているからです。

やはり、【お腹への赤ちゃんへの影響がある】となると、母親心が芽生えた私としては敏感に気になってしまいますね。

 

「でも、お酒も少しくらいなら良いんじゃない?」とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが…

 

胎児性アルコール症候群といった病気があるのをご存知ですか?

私も妊娠する前は全く知らない病気でした。

 

【胎児性アルコール症候群】とは、妊娠中の女性が習慣的にアルコールを摂取することで起こる先天性の疾患のことです。

 

確かに、アルコールを摂取したからと言っても必ず発症するものではないのですが…

万が一発症してしまうと、赤ちゃんの顔面に奇形の特徴が出たり、知能退行などの症状が顕れることがあります。

 

結局のところ、妊娠中の女性がアルコールを一切摂取しなければ【胎児性アルコール症候群】は確実に防げるものです。

 

確実に防げることが分かっているのに、それでもアルコールを摂取しますか?

万が一発症した場合、苦しむのではあなた自身ではなく赤ちゃんですので…

 

私はお腹を痛めて産んだ我が子が苦しむのは絶対に耐えられません。

そういった理由もあって、お酒をスパッとやめることができました。

 

どうしてもお酒を飲みたければ、【アルコールが一切入っていないノンアルコール飲料】を飲むようにしましょう。

ノンアルコール飲料でも微量のアルコールが含まれているものが存在するからです。

 

購入する際は、きちんと確認して購入するようにしましょう。

 

食事について

生ハムの画像

妊娠中の食事、それ即ち赤ちゃんの食事となります。

 

生物に注意する必要がある、と冒頭に記載いたしましたが、非加熱食品はリステリア菌という細菌やトキソプラズマという寄生虫がいて汚染されている可能性があります。

生肉の接触リスクについては、以下のサイトが分かりやすいと思いますので、宜しければご覧ください。

こそだてハック

パスタやサラダなど、様々な料理で使われる食材である「生ハム」。妊娠前は何気なく食べていても、妊娠中は食べていいものなのか…

 

どちらも感染率は低いようで、もし感染したとしても健康的な大人であれば重症化はしないようです。

ただし、それは健康的な大人に対してに言えることです。

 

妊娠中の女性が感染し、胎盤やお腹にいる赤ちゃんに感染すると…

 

  • 流産や死産
  • 脳性麻痺や髄膜炎、精神・運動機能障害(先天性トキソプラズマ症)

 

などといった、重大な事に繋がってしまう可能性があります。

 

確かに、生肉を習慣的に食べていても、無事に出産を迎える方ももちろんいらっしゃるかと思いますが…

『感染の可能性が低い』とか『無事に出産した人がいるから大丈夫』という話を聞いたとしても、リスクが1%でもある状態であるのであれば、やめた方が良いという選択肢を私は選びました。

 

まとめ

やっぱり、妊娠中は我慢しないといけないことが多いですよね。

 

妊娠前とのギャップに苦しむ方も多いと思います。

私もその一人でした。

 

ただ、その少しの我慢でお腹の中にいる可愛い我が子を守ることができるのです。

お腹の中にいる赤ちゃんを守れるのは、お母さんしかいないのです。

 

無事生まれてきてもらうためにも、出来る限りの対策はちゃんとやっておくようにしましょう!

 

それでは今回はここまでとなります。

ここまで読んでいただきありがとうございました(*’ω’*)

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


妊婦さんのイメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!