当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

マタニティマークの意味をご存知ですか?その意味を解説します!

こんばんは!ゆめみこです。

 

皆さんはマタニティマークというものをご存知ですか?

妊婦さんのカバンなどにキーホルダーとしてついていることを目にすることがあるかと思います。

 

マタニティマークは妊婦さんのために作られたマークです。

今回はマタニティマークについて詳しくお話していきます!

 

マタニティマークは優しい環境を作るためのものです

妊娠中は体調不良などの予想外のトラブルがつきものです。

特に妊娠初期はつわりが酷かったりして苦しい時期ではあるのですが、お腹が目立たないため妊婦であることを外見では気付かれない場合が多いです。

 

実際、私も妊娠初期の頃は自分から言わない限り妊娠していることを気付かれませんでした。

そんなつらい時期に公共交通機関で座れない、たばこの煙が気になる…などの理由で苦労することも多々……。

 

そういう苦労することが多い妊婦さんから少しでも苦労をなくすために作られたのがマタニティマークです。

 

マタニティマークの意味

優先席とマタニティマタニティマーク

 

マタニティマークの主な意味として下記で示すような2つの意味が挙げられます。

 

  • 妊婦が自らマタニティマークを身に着け、周囲が妊婦への配慮を示しやすくするもの
  • 交通機関や職場、飲食店などが、マタニティマークに対する取り組みや呼び掛け文を付してポスターなどとして提示し、妊婦にやさしい環境づくりを推進するもの

 

バスや電車などの公共交通機関には優先席が設けられていることが多いですが、その席付近にマタニティマークのシールが貼られてあることがあります。

2つ目に挙げた意味に当てはまりますね。

 

よく見る光景ではあるのですが、明らかに元気そうな方が優先席に座っていることがあります。

外見では分からない病気を持っている方がいるので一概には言えませんが…。

 

もし病気も体調不良もなく元気な状態、優先席対象の人以外の方が優先席に座るのであれば、周りを気にする必要があります。

寝たフリやスマホをいじるなどして周囲を気にしないのは良くありません。

 

この光景もよく見ますね。

断られるのが怖いから周りを無視するのでしょうか?

 

もしそうだとしても、一声かけてくれるだけでも当事者からしたら大分気持ちが違ってきます。

名前も何も知らない人に声をかけるのは勇気がいると思いますが、その勇気がやさしい環境を少しずつ作っていきます。

 

マタニティマークは厚生労働省が商標登録をしています。

もし使用する際には、マタニティマークのデザイン及び利用方法をご参照ください。

マタニティ使用規定に基づいていれば、デザインを自由にダウンロードして使用することができるみたいです。

 

利用方法も含め、マタニティーマークについて分かりやすくまとめてあるページがありますので、よろしければご覧ください。

マタニティマークについて紹介しています。…

 

まとめ

最近でこそマタニティマークをつけている方が増えてきましたが、マタニティマークの存在すら知らない方が多いのも事実です。

身近に妊婦さんがいないと中々知る機会がないのかもしれませんね。

 

この記事を含め、少しずつでもマタニティマークの存在が知られていけば環境も変わっていくと思います。

まずはこの記事からでもマタニティマーク知る努力から始めましょう!

 

それでは今回はここまでとなります。

読んでいただきありがとうございました(*’ω’*)

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


妊娠している女性
宜しければフォローして下さると嬉しいです!