当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

【女性ライダー】免許取得を手助け!費用や教習について解説します♪

こんにちは!ゆめみこです。

 

今日はバイクについてのお話になります。

自分で言うのも何ですが、私は数少ない女性ライダーです。

原付じゃないですよ。普通自動二輪免許所持者で250ccバイクに乗っていました。

 

最近でこそ女性ライダーが増えてきたと感じますが、まだまだ数としては少ないのが現状です。

「免許くらいは欲しいな~」と思っていても、中々その一歩が踏み出せない女性もいるのではないのでしょうか?

免許が欲しい女性からすると、バイクの教習は何かと不安なことや疑問に思うことが出てきたりもしますよね。

 

  • 免許を取るための費用って?
  • 教習期間は?
  • 教習ってどういう風に進めていくの?

 

ということで、今回は女性ライダーが教える普通自動二輪免許取得時の疑問お答えの記事となります。

※まとめ記事みたいになると思います。

 

普通自動二輪免許取得のための費用は?

 

お金

 

大体相場としては60,000円から120,000円ですね。

住んでいるところ、通う教習所によって変わってきますので、料金が均一というわけではないです。

 

ちなみに私は60,000円出してお釣りが返ってきました。安かった!

旦那が普通自動二輪免許を取った時も私ほどではなかったですが安かった覚えがあります。

キャンペーンや閑散期の条件が重なって安くなっていたようです。

 

普通自動車の免許を取得している方ならお分かりかと思いますが、以下のような条件でも費用が変わってきます。

 

  • 現有免許(主に普通自動車免許)
  • 年齢(学生プランなど)
  • 車種(MT車、AT車)

 

補習教習が不要などのオプションをつけると高くなります。

つけておくと安心ではありますが、ストレートで卒業できたら少しもったいない気もします。

 

特に取得希望の車種、オプションで費用が大きく変わってきますので、どうするかは慎重に決めましょう!

 

教習期間は?

 

カレンダー

 

ここでも車種や現有免許によって教習期間が変わってきます。

私が通っていた教習所を例にしてまとめてみました。

 

車種現有免許最短技能学科
MT車なし・原付19時限26時限
普通車17時限1時限
AT車なし・原付15時限26時限
普通車13時限1時限

 

「AT車」かつ「普通自動車免許所有」という条件であれば、技能・学科を合わせて14時限で免許が取得できます。

ただし、普通自動二輪免許のAT限定は私としてはあまりおすすめしません。

普通自動二輪免許であれば、400ccまで乗ることができます。

この排気量までの中型バイクとなると、非常に種類が少なくバイク選びの幅が狭まります。

バイクを楽しみたい!という方は、MT車で普通自動二輪免許を取得することをおすすめします。

 

「MT車」かつ「普通自動車免許所有」という条件の場合、最短で18時限で免許取得が可能です。

毎日通う、1日2,3時限教習を受ける、補習無し、卒業検定一発合格などの条件が重なれば、2週間足らずで免許を取得できます。

私の旦那がそうでした(笑)

私はまったり通うタイプだったので、免許取得までに2ヶ月かかりましたね。

一応これでも補習無し、卒業検定一発合格です。ただ、毎日通わなかったので時間がかかっただけです。

 

私みたくまったり通うとだんだんとやる気がなくなっていくので、テンポ良くに通うようにしましょう。

 

 

教習内容って?

 

バイクの教習風景

 

教習として行う主なものを挙げてみますね。

 

  • 安全走行(一時停止など)
  • 変則操作
  • クランク
  • 8の字
  • 直進での加速
  • 坂道での停止、発進
  • 急制動
  • S字スラローム
  • 一本橋

 

普通自動車の教習内容と似ているところもありますが、二輪免許独特の教習もあります。

「一本橋」がまさにそうですね。

まさに言葉の通りです。

長さが15m、幅が30cm、 高さが5cmの平均台を落ちないように低速でバランスを保ちながら安全に走行します。

エンストするなどして橋の上から落ちると、卒業検定では一発アウトです。

苦手とする人も多いみたいですね。コツさえ掴めば大丈夫になってくるのですが…。

 

教習内容とは違ってきますが、私が通っていた教習所では入校前にバイクの引き起こしのテストがありました。

倒したバイクを自分の手で起こすのですが、これが中々にきついんです。

特に女性だとそう感じやすいと思います。

相当な筋肉の持ち主でない限り、腕の力だけでは引き起こしができません。力づくでは厳しいですね。

こちらもコツさえ掴めば簡単に引き起こしができるようになります。

某有名動画サイトでも引き起こしのコツを紹介した動画があがっているので、一度見られてはいかがでしょうか?

 

さらなる余談にはなりますが、引き起こしのテストをした際に

 

「引き起こしができないと、小型二輪免許になります。」

 

と職員の方から言われたので、その時は死ぬ気で引き起こしを成功させた記憶があります。

 

良い子の皆さんは死ぬ気で引き起こししないようにしてくださいね!下手すると身体のあちこちを痛めます!

 

まとめ

 

普通自動二輪免許を取得したい女性のためを思って書きましたが、正直自信がない記事になってしまいました。

もっと女性目線になって書かないと……。

今後時間を見つけてリライトしていきます。

 

それでは今回はここまでとなります。

読んでいただきありがとうございました(*'ω'*)

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


中型バイク
宜しければフォローして下さると嬉しいです!