当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

【無保険は絶対ダメ!】実際に事故して理解した任意保険の重要性

こんにちは!ゆめみこです。

とうとう新しい元号【令和】が始まりましたね。
正直、私はまだ実感が沸きませんが…

日常に何か変化があったわけではないので、私に限らずそう思う人は多いのではないのでしょうか?

 

さて、今回は任意保険とバイク事故について書いていこうと思います。

バイクに限った話ではないですが、結論として、運転する事に責任を持つ意味でも、任意保険は必須だと身を持って実感しました。

  • お金が勿体ないから…
  • 自賠責保険に入っているから大丈夫

といったように、何かと理由をつけて任意保険に入らない人もいますが…。

こういった形で任意保険に入らずにいると、事故にあったときに必ず痛い目にあいます。

事故って意外と身近に起きるものなんですよね。

旦那の弟もバイクで事故したことがありますし、私の弟も事故経験があります。
そして、私も事故経験があります。

いずれも被害者側の立場ではありますが、やはり実際に事故に巻き込まれると、その重要性を痛感するものです。

という事で、実体験を織り交ぜながら、任意保険の重要性についてお話したいと思います。

実際に事故が発生した時の状況

私が事故にあったのは2018年の11月半ばのことです。

その日は仕事の早番で、朝5時50分くらいにはバイクで家を出て出勤しましたが…
通勤途中でいつも通る、大きな駅の交差点でそれは起こりました。

ちょうど私が交差点に入った時に赤信号になったので、信号待ちの状態でした。

そのまましばらく待機していると…

「ドンッ!!!」

一瞬バイクがエンストしたのかと思いました(笑)
※昔は割と、エンストの常習犯でしたので…

そんな事を思いながらも、前に突き飛ばされるバイクと私。

そして私の前でもタクシーが信号待ちをしていたため、タクシーとも軽く追突してしまい、バイクとともに私も倒れました。

 

ここまで2秒足らずでしょうか。

「???」

何が起こったか全く理解できず…。

ふと後ろを振り向くと、そこには軽のバンが。

 

「ああ、追突されたのか」

ようやくそこで状況を理解できました。

 

追突した方の運転手の方はすぐに車から降りてきてくれて、大丈夫ですか!?」と声をかけてくれました。

 

そこから何とかバイクを引き起こし…。

倒れた拍子に右足がバイクに挟まれていたので歩けるかどうか不安でしたが、歩けばちょっと痛むくらいでした。

 

まだ交通量が少ない時間帯とは言え、周りに迷惑をかけるわけにもいかなかったので、邪魔にならない場所にバイクを即座に移動しました。
※追突した車の方も同じ場所に移動しました

 

そこからは警察の実況見分やら、万が一のための通院、警察署での事情聴取等々…。

とても仕事に行ける状況ではなかったので、その日はお休みをいただきました。

 

私が言うのもおかしいかもしれませんが、加害者の方はとても真面目な方で、一切ごねることもなく、

【相手100 : 私0】

で話の折り合いがつきました。

仮に『バイクも動いていた!』とかごねられていたら、非常にややこしい状況になっていたと思います…。

実際に被った損害

電卓とお金

今回私が被った損害としては、

  • 私自身の通院費
  • バイクの修繕費
  • 仕事の給料
  • バイクに乗れない間の通勤方法
    ⇒バイクで1時間近くかかるところだったので、ここが一番高額になりました

大きいものとしては上記4つとなります。

そこにプラスで『慰謝料』が発生した形になりました。

 

5つ全部合わせてなんと約50万円!!

いざ数字で見てみると結構な金額ですよね…。

 

幸い、相手の方はきちんと任意保険に入っていたので、私への支払いは全て任意保険を使ったものでした。

仮に自分が事故を起こしたとして、自腹で50万円払うとなると、かなり痛い出費になりますよね。

 

また、旦那の父の話ではありますが、
「よそ見をしててブレーキが遅れ、車のボンネットに歩行者のおばさんが手をついた」
たったこれだけで、何と120万も請求されてしまったという話を聞いています。

こんな感じで、相手が悪質な場合だと、自分の手に負えないような金額になるケースもあるので、やはり任意保険は必須だと感じる次第です。

任意保険は不要だと感じる人へ

ここまで色々と書きましたが、

自分は絶対事故を起こさないから、保険に入らなくても大丈夫!

そう言った事を仰られる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、どれだけ運転が上手だったとしても、100%は存在しないので、何かあった時にちゃんと責任を取れるように、保険には入っておくべきだと思います。

事故はいつ起こるか分かりませんよ。

 

お金が勿体ないという人も、やはり「責任を持つ」という観点で考えるべきだと思います。

私達夫婦もごく普通の一般家庭ですので、出来る事なら保険金なんて払いたくない。
それでも任意保険には入っています。

繰り返しになりますが、やはり保険を使わずに高い損害賠償を払えるだけの力が、私にはないからです。

 

等級にもよると思いますが、私は月々3,100円を任意保険会社に対して支払っていました。

事故を起こして保険を使うなどがなければ、年々等級は上がっていきますし、その分支払う保険料も安くなっていきます。

私は月払いでしたが、年払い(一括払い)であれば、もう少し安く抑えることもできます。

 

ちなみに、自賠責保険で何とかなるという考えは捨てた方がいいですよ。

かなり限定的なので、すぐに限度が来ます。

自賠責保険については、以下のサイトが分かりやすいかと思います。

交通事故被害者に対する国土交通省の救済対策を紹介します…

 

もし限度額を大きく超えるような金額になった場合、自賠責保険だけではやっぱりどうしようも出来ないです。

自賠責で補えなかった分を補うのが任意保険

そのように考えておくべきだと私は思います。

まとめ

自動車を守る様子

乗り物に対する任意保険は必須です。

あくまでも【任意】なので、自分の意志で加入するかどうか決めることはできます。
「任意だから別に要らないよね」とは考えるのは安易だと感じます。

任意保険に入るからこそ、より一層交通安全に対する意識が高まり、安全運転を心がけることができるのではないでしょうか。
※実際に私がそうなので。

口を酸っぱくして言いますが、任意保険には入りましょう!

車やバイクを購入するときに販売店が取り扱っているとこをが多いと思うので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

それでは今回はここまでとなります!

読んでいただきありがとうございました(*’ω’*)

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


衝突事故
宜しければフォローして下さると嬉しいです!