当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

【生活】目指せ!『脱・家事初心者』|ゼロから始める花嫁修業??

こんばんは!ゆめみこです。

 

最近ほぼ妊娠関連の記事で申し訳ないです……。

ということで、今日は毛色を変えて妊娠以外のことについて書いてみようと思います。

 

毛色を変えて書く記事のテーマは家事ができるようになるまでについてです!

 

最初から完璧に出来なくても良い

料理をする夫婦

最初から完璧に器用にこなせる人はまず存在しません。

 

誰しもが最初は間違えたり失敗するものです。

もし何でも最初から完璧にできる人がいたらぜひ教えてください(笑)

 

間違いや失敗を糧にするからこそ少しずつできていくものです。

私自身も最初は完璧にはこなせません。

ひどい失敗をしてしまうことも少なからずあったり……。

 

特に家事は酷いものでしたね。今は大分成長しましたが……。

 

では、どのように家事ができるようになっていったか?

次からお話していきますね!

 

失敗や間違いを受け入れましょう

私は大学を卒業するまで実家暮らしでした。

恥ずかしながら私は実家では全く家事をしませんでした。

 

料理、洗濯、ゴミ出し……とにかく全てにおいて母親任せでして…。

家事が人並みにできるようになってから母親には大変な負担をかけてしまっていたなと身を持って実感しています。

 

大学を卒業していざ社会人!というところで実家を出て一人暮らしを始めました。

 

「家事なんてやったことないけどできるでしょ」

 

そんな安易な考えのもと始まった一人暮らし。

さて、一体どうなったと思いますか?

 

見ていられないくらい悲惨なことになりました。

失敗したことを全て覚えているわけではないのですが、覚えているかぎりのエピソードを挙げていくと……。

 

  • 料理の味付けがめちゃくちゃ。揚げ物はとにかく真っ黒に焦がす。
  • ゴミを捨てるのを忘れることが多く、結果虫がわく。
  • 掃除をする習慣がないため、家がほこりだらけ。

 

などなど……。

汚い話が多くて申し訳ないですが、上記に挙げたものは全て事実です。

 

一人暮らしを始めて約4ヶ月後に今の旦那と一緒に暮らし始めたのですが、私の家事のひどさに絶句されたのを今でも覚えています。

旦那は男性にしては珍しいタイプで、一通りの家事ができる人間です。

そんな旦那のスパルタ家事教育もあり、今は人並みに家事ができるようになっています。

 

ただ、教えられて終わり!というわけでは成長しません。

私の場合は、

 

  • 家事をして失敗する
  • 旦那に家事を教えてもらう
  • なぜ失敗したかを考え、次回同じ失敗を起こさないようにするにはどうすれば良いかを考える
  • 同じ家事をする時に考えたことを思い出す

 

私は旦那から家事を教えられる過程が入っていますが、一人暮らしをしている方はこの過程が抜けると思います。

 

失敗したことを何も考えず、「まあいっか!」という精神で片づけていたらいつまで経っても成長しません。

失敗や間違いを起こすことは決して悪いことではありません。

 

それらを糧にして次に繋げることができるか?

成長するためには失敗や間違いを受け入れることが重要なのです。

 

まとめ

家事をしてみて実感したのですが、家事はすることが非常に多いです。

掃除を例にしてあげると、掃除機や床掃除、窓ふき、棚の上にたまったほこり取り……。

細かいことが多いことに驚きました。

 

冒頭にも書きましたが、全て最初からできる必要はありません。

少しずつできるようになっていけば良いのです。

私もまだまだできないことがあるのが現状ですが、日々精進していくつもりです!

 

それでは今回はここまでとなります。

読んでいただきありがとうございました(*’ω’*)

 

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


家の掃除をしている様子
宜しければフォローして下さると嬉しいです!