当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

兼業主婦って実際どんな感じなの?

兼業主婦ってどんなスケジュールで動いてるの?
あったら便利なものって?

こんにちは!ゆめみこです。

今回はプログラマー兼業主婦時代の1日についてお話していこう思います。
※医療事務時代の1日は特殊すぎるので参考になりません。

未経験で医療事務職に就いたので、周りに何かと迷惑をかけていた私も悪かったとは思いますが…。
人間関係的な意味で、プログラマー時代とは比べものにならないくらいきつかったです。

この時期のこともいつか書けたらなぁと思っています。

プログラマー兼業主婦時代の1日

という事で、スケジュール感は以下の通りです。

時間帯
お仕事の内容
6:00起床、私と旦那のお弁当作り。
6:30~7:40身支度。余裕があればここで朝食を食べます。
7:45~8:00通勤
8:00~8:30会社着。メールチェックやら今日のタスク確認。
8:30~17:30お仕事。必要があれば22時まで残業(それ以降はビルが閉まる)
18:00~帰宅後に一通りの家事(洗濯、料理、洗い物等)
0:00~早ければこの時間に就寝でした。

大体こんな感じで月曜日から金曜日まで動いていました。
こんな1日を過ごして思うことがあります。

家事を楽にするツールが色々と必要だ…!!

最初はやる気で何とかなりますが、途中からやる気の問題ではなくなります。
ということで、今回はあったら便利なものをご紹介!

主婦お役立ちツール

食洗機

これを買ってからというもの、皿洗いが劇的に楽になりました。

お皿と洗剤投入してボタンを押して待っておけば家事が一つ終わってるんですよ!?
初めて使った時はずっとテンションハイでした。

ただし据え置き型はスペースの確保はいります。
そこだけがネック。

食洗器についての詳細な記事を書きましたので、興味のある方はご覧ください。

https://yumemiso.com/dishwasher/

大容量の冷蔵庫

あったら便利なものというかなんというか……。

主人と暮らし始めてから約2年間くらいは一人暮らし用の冷蔵庫を使っていました。
とにかく2人分の食材が入らない。買いだめなんてすると冷蔵庫が地獄と化します。

という事で、転職時の引っ越しを機に大容量の冷蔵庫に買い換えました。

非常に快適です。
大容量って素晴らしい。

大きい鍋

大容量シリーズ2つ目。

カレーなんかを作る際に小さい鍋だと吹き零れのリスクがぐーんとあがります。
それは調整しろとか言わないでください。
気持ち大きめの鍋があると何かと便利です。

書いてみたはいいものの中々思いつかないのが私の悪い癖です。

私は持ってませんがお掃除ロボット(ルンバとか)があると掃除はもっと楽になるんじゃないかなぁ、と思います。
ルンバ欲しい。2台くらい欲しい。

それではまた!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


料理をしている妻
宜しければフォローして下さると嬉しいです!