当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

朝5時起きを2年継続した僕が教える、早起きのコツと3つのメリット

こんにちは、ゆめたろうです。

 

突然ですが、皆さんは何時くらいに起床していますか?

 

僕は、5時前後に起床するようにしています。

継続期間にして、約2年程でしょうか。

 

よく友人から、

『早すぎでしょ…そんなに早く起きて何するの?』

と言った、理解に苦しむ声を聞くことがあります。

 

とは言え、僕も昔は7時半くらいに起きて、慌てて準備しながら家を飛び出し、始業開始2分前に事務所へ駆け込む…

こんな生活をしていた時期もあったりしますが…

 

世間でもよく言われている通り、実際に早起きが出来るようになると、やはり多くのメリットを感じることがあります。

実際に2年間程続けて、実感しているメリットを3つほどご紹介していこうと思います。

 

最大のパフォーマンスが発揮出来る時間帯を有効活用できる

 

何かに閃き、アイデアが生まれるイメージ

正直これに関しては、実際に早起きが出来ている人であれば、ほぼ全員が口を揃えて同じことを言うと思います。

 

僕も実際に取り組むまでは、

「そうは言ってもそんなに劇的に変わる訳じゃないでしょ」

と言った考え方でしたが、いざやってみると180度意見が変わりましたね。

 

最近では、余りある早朝のエネルギーを使って、早朝カフェでこんな事をしています。

 

これをやるかどうかで、普通に業務終了時間が2時間は変わりますね。

 

なお、ツイート内にも書いてある『プライオリティ整理』の重要性は、以下の記事で解説しています。

興味がある方は併せてご覧ください。

関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。 まだまだブログ記事作成に慣れるのには時間がかかりそうな感じです。1週間弱、記事を書き続けて分かってきましたが、今の僕が1記事作るのに必要な所要時間は大体3~4時間前後であるよう[…]

 

まず第一の大きなメリットとして、やっぱりこれですよね。

メリットが大きすぎて、もう昔のやり方には戻れないですね。

 

様々な場面でストレスが減る

 

カフェで気持ちよくストレスフリーに仕事をするイメージ

まず第一に、そもそも焦って家を飛びなさなくて良くなるので、精神衛生上とてもいいです。

 

その他にも、公共交通機関が空いていたり、そもそも道行く人自体が少ないので、開放感すら感じる始末。

そこらへんに居る小鳥を見るだけで癒されてしまうような、結構ヤバい状態になります(笑)

 

細かい事を言い出すとキリがありませんが、気力の消費が少なくなって、結果的に仕事や勉強に使えるパワーがそれだけ余る事になります。

一日一日では小さな事かもしれませんが、習慣化して継続すれば、周りと大きな差を生み出す事になるでしょう。

 

不思議とモチベーションが高まり、考え方がポジティブになる

 

ポジティブシンキングな男性のイメージ

僕は毎朝、早起きと筋トレをセットでやっているので、筋トレ効果もあるかもしれませんが…

 

前日にかなり疲れていたり、残業が確定していたりしても、不思議と考え方がポジティブになるようです。

気持ちがポジティブだと、一日全体のパフォーマンスが上がり、これまた結果として自分の時間の確保に繋がってくることになりますね。

 

人生の質の向上は、効率化・無駄捨ての繰り返し

 

無駄捨てのイメージ

そうは言っても、1日24時間っていうのは誰しも平等な訳だし、そもそも早起き自体がキツくて消耗しそう。

こういった意見もあると思います。

 

確かに自分自身、取り組む前は同じような考えを抱いていましたが、実際に取り組んでしまうとそんなに大変じゃない事がわかります。

 

それは何故か。

答えは、「早寝早起き」だからです。

 

…意味が良く分からないって?

答えは言葉の順番にあります。

 

早寝⇒早起きだからです。

 

早起きしたければ、早寝から始めてしまえば良いだけの事です。

ちょっと時間に余裕がある日に、いつもより早く寝てみて、その次の日から早起きを始めて無限ループ化させる。

簡単でしょう?

 

まとめ

というわけで、今回は早起きのメリットというテーマでお送りいたしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

実際のところ、経験則として早起きという行動がスピード出世に繋がるという話は、ほぼ確実に正しいと思います。

脱サラしようとしている身ではありますが、ITベンチャーへ転職後、約半年でNo.2の座についたという実績もあります。

転職ネタの記事ではありますが、詳しい話はこちらの記事に記載しております。

関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。 本日で、ブログ運営を開始して2週間目となります。今回は、転職して半年経つ自分が、実際転職した後のお話について現在感じている事を書いています。 色々と正[…]

ITベンチャー企業のイメージ

 

ぶっちゃけてしまうと、「早起き」じゃなくて、「早寝」すれば良いだけって考えたら、相当簡単。楽勝ですよね。

何より、「会社や学校のせいで決められた時間に起こされる」という『受動的生活パターン』から、「自分で決めた時間に起きる」という『能動的生活パターン』へ移行出来ることは、数値的なものでは表せないようなメリットがあります。

人生を能動的に生きることが出来れば、自らの意思で決めるという習慣付けにも繋がってくると思います。

 

超イージーに、これだけのメリットを得られるのであれば、十分にやってみる価値があると感じますので、この機会に習慣化してみてはいかがでしょうか?

 

今回はここまでとなります。

ありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


早起きな女性のイメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!