当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

Googleクローラーをサイトに呼んで巡回させる方法【解説付き】

こんにちは、ゆめたろうです。

サイトを立ち上げた直後は、記事を投稿してもGoogleの検索エンジンに中々インデックスされなかったりしますよね。

 

ある程度サイトが大規模になり、多数の被リンクを受けていればクローラーをあえて呼び込まなくても、すぐにインデックスされたりするのですが…

最初期だと、何の対策も施さなければ『丸1日たってもGoogleに気付かれない』なんてザラだったりします。

 

そこで今回は、Google Search Consoleを使用して、『クローラーを自サイトに呼び込んで巡回させる方法』について解説していきたいと思います。

XMLサイトマップを作成しよう

サイトマップを描くイメージ

まずは、あなたのサイトの地図となる「サイトマップ」と呼ばれるものを、Googleクローラーが理解出来る形式(XMLサイトマップ)にて作成していきましょう。

今回は、Wordpressのプラグインの一つである『All in One SEO Pack』を用いて、XMLサイトマップを作成していこうと思います。
※既にインストール手順プラグインのインストール・有効化については完了している前提で説明していきます。

XMLサイトマップ機能の有効化

※既に機能を有効化されている方はスキップして頂いて構いません。

まずは次の画像の通り、Wordpressの管理画面から[All in One SEO]→[機能管理]を選択します。

XMLサイトマップ機能の有効化手順1

 

次に、XMLサイトマップの機能を有効化します。

機能管理の中にある「XMLサイトマップ」の[Activate]ボタンを押下して、[Deactivate]と表記されている状態にしてください。
※[Deactivate]と表記されている状態であれば、有効化されている状態です。

_XMLサイトマップ機能の有効化手順2

 

正常に有効化されていれば、下記画像の青枠部分のように、「XMLサイトマップ」のメニューが表示されているはずなので、確認をしてみて下さい。

XMLサイトマップ機能の有効化手順3

 

XMLサイトマップ機能の初期設定

それでは実際にXMLサイトマップを作成していきましょう。

まずは次の画像の通り、Wordpressの管理画面から[All in One SEO]→[XMLサイトマップ]を選択しましょう。

XMLサイトマップ機能の初期設定手順1

 

そうすると、設定画面がズラーっと出てくると思います。

まずはその中の[XMLサイトマップ]という設定内容について、1項目ずつ解説していきますので、初期設定を進めていきましょう。
※読むのが面倒くさい!という人は、次の画像の通りに設定しちゃってもOKです。

XMLサイトマップ機能の初期設定手順1
クリックで拡大可

 

設定項目
詳細説明
RSSサイトマップを作成
〈私の設定:チェック有〉
RSSサイトマップを作成する場合はチェックを付けてください。
ここでは細かい事まで解説しませんが、Google公式のベストプラクティスとして、【XMLサイトマップとRSS/Atomフィードの併用】がアナウンスされています。
※引用文を以下に記載しておりますので、こちらをご確認ください。
更新を予約
〈私の設定:毎日〉
記事の更新頻度によって適切な設定をしてください。
サイトマップインデックスを有効化
〈私の設定:チェック無〉
自サイト内に50000個以上、若しくは5MBのURLが存在する場合はチェック推奨です。
相当な大規模サイトでないとまずあり得ない数値です。
投稿タイプ
〈私の設定:「投稿」と「固定ページ」のみチェック有〉
「メディア・添付ファイル」にチェックを入れてしまうと、画像単体ページのサイトマップが生成されてしまいますので、注意が必要です。
タクソノミー
〈私の設定:「カテゴリー」のみチェック有〉
記事分類を何で制御しているかによってチェック項目を適切に設定してください。
日別アーカイブページを含める
〈私の設定:チェック無〉
日別アーカイブをXMLサイトマップに組み込んでしまうと、「重複コンテンツ」と判断される場合があるようです。
投稿者ページを含める
〈私の設定:チェック無〉
前項と同様の注意点があります。
画像を除外
〈私の設定:チェック無〉
画像検索に引っ掛けたくない等の事情がある場合にチェックします。
圧縮版サイトマップを構築する
〈私の設定:チェック有〉
圧縮版のサイトマップを構築したい場合にチェックを入れます。
(デフォルトでチェック有)
仮想 Robots.txtからリンクする
〈私の設定:チェック有〉
「Robots.txt」に制御を記述すると、クローラーに優先させたいページなどを指定することが出来たりします。
(デフォルトでチェック有)
サイトマップを動的に生成
〈私の設定:チェック有〉
記事を更新したりする度に、自動でサイトマップが最新化されるようになります。

 

  • Google公式のベストプラクティス引用文

 

Generating both XML sitemaps and Atom/RSS feeds is a great way to optimize crawling of a site for Google and other search engines.
訳:XMLサイトマップとAtom / RSSフィードの両方を生成することは、Googleおよび他の検索エンジンのためにサイトのクロールを最適化するための素晴らしい方法です。

https://webmasters.googleblog.com/2014/10/best-practices-for-xml-sitemaps-rssatom.html

 

続いて、[追加ページ]設定についてですが、こちらは自分のWEBサイトとは別のURLをサイトマップに追加する際に使用します。

私の場合は、現時点ではそういったURLが存在しないため、未入力としていますので、詳細については省かせて頂きます。

 

XMLサイトマップ機能の初期設定手順3

 

[除外項目]設定については、名前の通りXMLサイトマップに組み込みたくないカテゴリー・特定のページ等がある場合に使用します。

特定のページを除外する場合は、「スラッグ名」か「記事ID」をカンマ区切りで入力してください。

私の場合、特に除外したいページは存在しませんので、未入力としています。

XMLサイトマップ機能の初期設定手順4

 

[除外項目]設定についてですが、こちらはサイトマップ作成時に自動で計算してくれるようになっていますので、全項目「上書きしない」にしています。

XMLサイトマップ機能の初期設定手順5

 

[除外項目]設定も前項同様に、自動計算されるようになっているので、全項目「上書きしない」にしています。

XMLサイトマップ機能の初期設定手順6

 

ここまで設定が終わったら、忘れずに【サイトマップ更新】ボタンを押下してくださいね。

 

サイトマップが作成されている事を確認しよう

設定が終わったら、実際に記事を投稿したりしても良し、早速サイトマップが作成されている事を確認するのも良しです。

という事で、確認する際は前項と同じ画面の上部にある、[サイトマップのステータス]というところで確認をすることが出来ます。

サイトマップが作成されている事を確認する手順1

 

  • XMLサイトマップを表示した場合
     → こんな画面が表示されます
  • RSSサイトマップを表示した場合
     → こんな画面が表示されます
    ※現在はAIO SEOを使用しておりませんので、リンクが切れています。

 

いずれも、あなたのサイトで同じような画面が表示されていればOKです。

これでサイトマップの準備は完了となります。

 

サイトマップを送信しよう

ここからはGoogle Search Consoleを使用していきます。

初期設定等は完了している事を前提に説明していきますので、ご了承ください。

 

Google Search Consoleを開いたら、まずはサイドメニューから[インデックス]→[サイトマップ]へと進みましょう。

サイトマップ送信手順1

 

そうすると、[新しいサイトマップの追加]という画面が表示されますので、ここに先ほど作成したXMLサイトマップのURLを入力して送信を行いましょう!

サイトマップ送信手順2

 

RSSサイトマップを作成されている方は、こちらも同様に送信しておきましょう!

サイトマップ送信手順3

 

両方とも正常に送信できれば、こんな感じでステータス欄に「成功しました」という文字が表示されます。

 

サイトマップ送信手順4

 

これで、Googleに対してあなたのWEBサイトの地図を送信する事が出来ましたね!

『URL検査』機能を使ってインデックス登録をリクエストしよう

最後に、Googleクローラーをあなたのサイトへ呼び込む作業を行っていきましょう。

こちらも前項同様、Google Search Consoleを使って作業を行います。

 

まずは、画面上部にある検索ボックスのようなところに、クローラーを呼び込みたいサイトのURLを入力してください。

クローラーを呼び込む手順1

 

その後、Enterキーを押下すると…

クローラーを呼び込む手順2

このように、Googleインデックスからのデータ取得が始まります。

 

入力したURLが、既にGoogleにインデックスされている場合は、次のような結果画面が表示されますし、

クローラーを呼び込む手順3

まだインデックスされていない場合は、次のような結果画面が表示されます。

クローラーを呼び込む手順4

いずれの結果でも問題はありませんので、慌てないように。

 

そして、Googleクローラーに入力したURLへ来てもらうようにお願いするには、先ほどの画像右下部分にある[インデックス登録をリクエスト]ボタンを押下しましょう!

そうすると…

クローラーを呼び込む手順5

クローラーを呼び込む手順6

こんな感じで、インデックス登録のリクエストが実行されます。
※画像にもある通り、複数回リクエストをしても優先順位に変更はありませんので、記事更新の度に1度だけで十分です!

 

これを実行することによって、

 

  • あなたのサイトへクローラーが来る
  • 先ほど送ったサイトマップを基にサイト内を巡回
  • 効率且つ正しく情報収集が行われる
  • クローラーが持って帰った情報を基に、インデックスが行われる

 

という流れで、あなたの記事を世に知らしめることが出来るのです!

 

操作手順は以上となります!

お疲れさまでした(*´ω`*)

【おまけ】ちょっとした小技を紹介

さて、Googleクローラーはリンクからリンクを辿ってインターネット内を徘徊している訳ですが、まだWEBサイトを立てたばかりで、あなたのサイトへの入り口となる被リンクも少ない。

入り口が少ないという事は、必然的にクローラーがあなたのサイトへ辿り着くのに時間がかかってしまう訳なのですが、そう簡単には被リンクを受ける事も出来ない。

そういった状況の方も多いと思いますので…

 

以下の記事にて、あなたのサイトへ、あなたの手で良質な被リンクを作るちょっとした小技を紹介しようと思います。

 

『何それ!なんか怪しい!』

 

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、完全ホワイトな方法なのでご安心下さい。

という事で、その小技が気になる方は以下の記事へどうぞ。

関連記事

こんにちは、ゆめたろうです。『ブログ立上げて間もないから、やっぱりインデックスも遅いし、誰も見に来ない...。正直挫けそう。』ブログを立ち上げた直後は、こんな思いをされる方も多いのではないでしょうか?? […]

スマホが外部とリンクしているイメージ

 

まとめ

以上、【Googleクローラーを自サイトに呼び込み巡回させる方法】について解説していきましたが、いかがでしたでしょうか?

中々インデックスされなくて困っている方は、是非トライしてみてください!

 

それでは今回はここまでとなります。

ありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


Googleクローラーがリンクをたどっていくイメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!