当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦がそれぞれの経験に基づいた情報を、不定期に発信しております。

高品質なコンテンツとは?SEO対策における品質の重要性を解説!

こんにちは、ゆめたろうです。

SEO対策の中にはいろいろな要素がありますが、そもそも『コンテンツの品質次第だよね』という話を聞いたりすることがあります。

では、良質なコンテンツとは一体どういったものなのか?

という事で、今回は『コンテンツの品質』というものにフォーカスして、深掘りをしていったみようと思います。

コンテンツの品質とは

 

コンテンツの品質を左右する要素は、大きく二つの要素に分けることが出来ます。

その二つの要素とは…

 

  • ユーザにとって親切かどうか
  • Googleにとって親切がどうか

 

結論、この二つの要素が鍵となってきます。

それでは早速、それぞれの要素について掘り下げていこうと思います。

ユーザーにとって親切である事

親切なイメージ

まず第一に、『良質なコンテンツ』と見なされるためには、やはりサイトに来てくれる『ユーザー』にとって親切である必要があります。

Googleが公表している理念の中にも、以下の有名なフレーズがありますよね。

 

『ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。』というフレーズです。

 

その詳細については、下記引用文の通りとなります。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

要するに、Googleから『良質なコンテンツである』と評価されるための大前提の要素として、ユーザーが『使いやすい』とか、『見やすい』とか、『分かり易い』と言った感じで、ユーザーに対して親切である事が、まず第一に重要となってくるわけです。

 

『検索』という行動の本質

『検索』という行動の本質について考えたことはあるでしょうか?

無意識である場合もあるかもしれませんが、『疑問を解決したい』という潜在的な欲求が起因して、『検索』という行動を起こす事になります。

 

  • 美味しいランチが食べられる場所を知りたい
  • プログラミングのコンパイルエラーが発生したから原因を知りたい

 

例を挙げるとこんな感じで、ユーザーは『疑問』を解決するために『検索』行動を起こすのです。

 

ユーザー目線で最も重要な事とは

ユーザー目線において最も重要で、コンテンツの品質を大きく左右する要素はなんでしょうか?

それは、『疑問を解決できるかどうか』です。

シンプルですね。

 

例えば、最寄りのコンビニの場所を知りたくて『コンビニ 最寄り』と検索して、それらしきタイトルのサイトに入ったにも関わらず、『リンク先は何故かアダルトサイト』であった場合。

こんなサイトはユーザーにとって論外ですよね。

反射的に戻るボタンを選択し、二度とサイトに戻ってくる事もないでしょう。

 

Googleにとっても親切である事

前項に、『 ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。』というGoogleか公表しているフレーズを記載しました。

では、ユーザーの事だけ考えれば完璧なサイトが出来上がるのか?

 

結論は、『ユーザーの事を考えるだけでは不十分』です。

 

『話が違うじゃないか!』

 

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どんなに有益で品質の高い記事を書いたとしても、検索順位を決めるのは『Google』なのです。

確かに、ユーザビリティの高いサイトであれば基本的に高評価を受けやすくはなるのですが、それに加えて『サイトの情報を収集しにくるGoogleのクローラーに対しても、情報収集がしやすいサイトである事』が重要となってくるわけです。

 

例を一つ上げてみるとすれば…

ユーザーに対して有益で分かり易い情報を記載したけれど、その記事はサイト内の深い階層部分に位置しており、XMLサイトマップも作成していない状態である。

こういったケースの場合、投稿して何日もたつのに、未だにGoogleのクローラーが情報収集をしにきてくれない(その記事に辿り着くことが出来ない)状態となり、いつまでたっても『世の中から認知されることのない記事』となってしまうわけです。

 

ユーザーに対してだけでなく、情報収集しに来てくれるクローラーの事もある程度意識しながら、サイト構築を進めて行く必要があるのです。

ユーザーライクなサイトを目指すには

 

それでは、ユーザーライク(ユーザーにとって親切)であるサイトの具体的な条件について、以下の3つについて簡単に解説していきたいと思います。

 

  • 疑問に対する答えが存在する事
  • 分かり易くまとまっている事
  • 信頼性とオリジナリティのバランスを意識する事

 

疑問に対する答えが存在する事

これは前項でも申し上げた通り、ユーザーは『疑問』を解決するために『検索』行動を起こしますので、ちゃんと疑問に答えてあげる必要があります。

基本として、記事のタイトルやメタディスクリプション等で、どのような記事なのかをユーザーに伝えた上で、流入してきたユーザーに対してはその答えをキチンと持って帰って貰えるように意識して記事を書くようにしておきましょう。

 

分かり易くまとまっている事

例え答えがちゃんと書いてあったとしても、乱雑に書かれていて分かりにくいサイトだと、ユーザーはすぐに戻るボタンを押してしまいますよね。

要点を抑えながら記事をまとめる事と、見出し構成の一貫性をしっかりと意識して記事を書くように心がけましょう。

また、その記事に辿り着いたユーザーに対して、『こういった事も知りたくてここに来ているんじゃないのかな?』と予測をたてていく事も大事です。

ユーザーの疑問に関連していそうな要素を見つけた際、過去に書いた記事等にその疑問に答えれるようなものが存在するならば、『内部リンク』を設置しておくことで、より満足度が高まり、ユーザーの滞在時間を延ばす事が出来るでしょう。

 

信頼性とオリジナリティのバランスを意識する事

有名人や、その分野において一定レベルの結果を出している人であれば、『記事を書いている人物そのものが信頼性を高める事に繋がる』ので、そこまで強く意識する必要はないかと思います。

しかし、記事の作成者が私のように無名のブロガー等である場合、ひたすら自分の言葉でテキストを書き綴っても、『それ本当なの?』という思いがユーザーの頭をよぎってしまうでしょう。

では、どのようにすれば一定の信頼性を担保出来るのか?

 

まず思い浮かぶ事の一つとして、『信頼性の高い公的な文章を引用する』方法があります。

冒頭で引用していたGoogleが公表しているフレーズもそうなのですが、これらを引用して、それに沿った形で自分の意見を書いていく事で、ある程度の信頼性を補強する事が出来ますよね。

しかしながら、やはりこの手法にも限界があり、引用し過ぎてしまえば、『じゃあそっちの公的な記事を見た方が早いじゃん』となってしまい、オリジナリティを担保出来なくなってしまいます。

 

使い過ぎに気を付けながら、要所要所で公的な文章を引用し、信頼性とオリジナリティをバランスよく保つように心がけていきましょう。

 

Googleクローラーに好まれるサイトを目指すには

 

Googleクローラー(人工知能)のイメージ

Googleの検索エンジンにインデックスしてもらうためには、クローラーを自サイトに呼び込んで情報収集してもらう必要があります。

より早く、より確実にクロールしてもらうために、クローラビリティを高めていきましょう。

 

という事で、クローラビリティを高めるために最低限やっておきたいことを3つ程以下にまとめてみました。

 

  • XMLサイトマップを送信する
  • クローラーを自サイトに呼び込む
  • 他サイトから被リンクを受ける

 

XMLサイトマップを送信する

サイトマップは、言葉通り『サイトの地図』を指します。

これを予めGoogleに送信しておくことで、クローラーが来た時に、自サイト内の隅から隅まで情報収集をしてくれるようになります。

逆にこれがないと、古い記事をリライトしたりしても、クローラーには気付かれる事なく、いつまでたってもGoogleにインデックスされている内容が変わらない…といった事が起きたりします。

あなたのサイトの地図を、定期的にGoogleに送信してあげるよう心掛けておきましょう。

 

クローラーを自サイトに呼び込む

地図を渡してあげたとしても、自サイトに全くクローラーが来ないようでは意味がありませんよね。

実は、クローラーにサイトに来てもらうように、申請依頼を行う事が出来るようになっています。

 

特に、サイト運用を始めたばかりの時期では、Googleからの認知度が低い状態ですので、積極的に訪問依頼を出すようにしておいた方が良いでしょう。

実際にクローラーを呼び込む方法はこちら

ゆめみそライフ

こんにちは、ゆめたろうです。 サイトを立ち上げた直後は、記事を投稿してもGoogleの検索エンジンに中々インデックスされ…

 

 

他サイトから被リンクを受ける

クローラーは、リンクを辿る事によって色々なサイトを巡っています。

そのため、被リンクを受けるという事は、その分あなたのサイトへの入り口が増える事と同義ですので、クローラーがあなたのサイトを訪れる機会が自然と増えるようになります。

 

ある程度世の中から認知されていて且つ、有益・高品質な記事である場合は、自然と他サイトから被リンクを受けたりすることもあるかと思いますが、新規サイトの場合だと少し難しい部分もあります。

被リンクを購入したり、相互リンクを積極的に行う等の手法も存在しますが、無理やり金銭を投じて順位を引き上げたり、なんでもかんでも相互リンクをして、関連性の低いコンテンツからの被リンクが増えてしまったりすると、ペナルティを受けたりして検索順位に悪影響を及ぼすこともあります。

コンテンツが充実している訳でもないのに背伸びをするのは良くないですし、それで良い効果が出たとしても、最近のGoogle AIは賢いので、一時しのぎにしかならないと思います。

地道に良質且つオリジナリティ性の高いコンテンツを増やして、あなたのサイトの魅力を高める事に注力しましょう。

 

余談ではありますが、『サイト立上げ直後にとても有効』且つ『ホワイトな被リンク』を増やす事が出来る方法も存在しますので、気になる方はこちらの記事をご覧ください。

ゆめみそライフ

こんにちは、ゆめたろうです。 『ブログ立上げて間もないから、やっぱりインデックスも遅いし、誰も見に来ない…。正直挫けそう…

 

まとめ

以上、『検索行動の本質部分』を織り交ぜつつ、『コンテンツの品質』について主要な影響要素を取りまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

結論を一言でまとめて再度お伝えすると

【コンテンツの品質 = ユーザーへの診察さ9割 + クローラーへの親切さ1割】

と言った感じで、結局のところ『 ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。』という認識でほぼ間違いはありません。

 

しかし、クローラーにもちゃんとサイト情報を持って帰って貰う必要がありますので、そこを0にして無視するのはマズイですよ、という話になるのです。

この辺り、自分も意識して気を付けながら、PDCAサイクルを繰り返して、より良質なコンテンツを提供出来るように努力していきたいと思います。

 

それでは今回はここまでとなります。

ありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


SEO対策マップ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!