当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

【SEO対策】Bingを無視するのは勿体ない!Googleと併用する事によるメリットを解説

こんにちは、ゆめたろうです。

 

皆さんはSEO対策をされる際、一番意識しているのは、恐らく天下のGoogleですよね。

僕自身もそうですが、やはり約9割のユーザーが使用している検索エンジンという事になると、どうしても意識せざるを得ません。

 

しかし...

その他の検索エンジンを無視して良いかと問われると、首を縦に振る事は出来ません。

 

どうしてもGoogleに埋もれがちではありますが、Microsoftの検索エンジンである『Bing』も、残りの約1割のユーザーが使っている事は事実ですよね。

 

という事で今日は、検索エンジンの『Bing』に焦点を絞りつつ、便利なアクセス解析ツールや、Googleと併用する事によって得られるメリットについて解説していこうと思います。

 

Bing webマスターツールとは

 

Bingのロゴイメージ

Googleには、『Google Analytics』と呼ばれる便利なアクセス解析ツールがありますよね。

 

実はBingにも、同じように便利なアクセス解析ツールがあったりするのです。

それが、『Bing WEBマスターツール』と呼ばれるアクセス解析ツールです。

Bing Web マスター ツールにログインまたはサインアップして、あなたのサイトの検索パフォーマンスを向上しましょう。…

 

基本的にSEO対策の記事では、Google上で戦う事を前提に書かれている記事が多いので、もしかすると知っていてあえて使っていないという方も多いかもしれません。

 

しかし、『Bing WEBマスターツール』には、『Google Analytics』にはない便利機能があったりするので、併用する事をオススメしたいです。

無料で使えますしね。

 

という事で

 

  • 『Bing WEBマスターツール』にはどんな便利機能があるのか
  • 『Bing WEBマスターツール』
  • を使う事によってどのようなメリットがあるのか

 

この二つを中心に解説していきたいと思います。

 

『Bing WEBマスターツール』にはどんな便利機能があるのか

ここの記事では、『Bing webマスターツール』についての基本的な操作方法までは記載せず、主に『Google Analytics』にはない便利機能について紹介をしていきたいと思います。

いずれは詳しい使用方法も記事に取り上げてみたいですね。

 

それでは早速いきましょう。

『SEOアナライザー』機能

なんと、ページ毎に『SEO対策』において好ましくない要素を洗い出してくれるという、素晴らしい機能があるのです!

 

実際に使用してみるとこんな感じで、

『SEOアナライザー』機能を実際に使っている様子

赤枠部分にチェックしたいページのURLを入れて、『解析』ボタンを押下すると...

青枠部分に『SEO修正候補』といった形で、好ましくない部分を見つけ出す事が可能なのです。

 

SEO対策をまだ勉強し始めたばかりの人にとっては、特に有用なツールですよね!

 

『キーワード調査』機能

「いや、それGoogleにもあるじゃん」

そのように思ったあなた!

 

その通りでございます...。

 

その通りなのですが、何故ここで紹介したかと言いますと...

 

『Bingで検索されたキーワード』に対するキーワード調査機能だからです。

え、当たり前じゃないかって?

 

そうです。

当たり前なのですが...

 

抽出されたキーワードを見てみると、ある法則性が分かるのではないかと思います。

 

とはいえ、

『サンプル数が少なくて法則性が分からない』

と言った方もいらっしゃるかと思いますので、この法則性について、次項で解説していきたいと思います。

 

『Bing WEBマスターツール』を使う事によってどのようなメリットがあるのか

では、早速メリットについて解説していきたいと思います。

 

前項で、『抽出されたキーワードからある法則性が掴める』というような事を記載いたしましたが、これが『メリット』の部分に繋がってくるわけです。

 

という事で、僕が思う大きなメリットは下記2点となります。

 

  • Googleよりも圧倒的にブルーオーシャンが多い
  • 情報リテラシーの低い方が多く見受けられる(言い方はあまり良くないかもしれませんが)

 

それでは、早速これら2つの要素について深掘りしていきたいと思います。

 

Googleよりも圧倒的にブルーオーシャンが多い

これはイメージですぐ分かるのではないかと思いますが...

 

そもそもGoogleプラットホーム自体がレッドオーシャンなのです。

Bingという検索エンジンをスルーする人が多い事こそが、何よりの裏付けですよね。

 

もちろんGoogleの中にもブルーオーシャンは存在しますが、やはり初心者にとっては厳しい世界です。

そんな中、Bingの場合は意外とブルーオーシャンが残っていたりするものです。

 

「Googleでは検索順位圏外のキーワードでも、Bingだったら10位圏内だった」

みたいなことは、意外と多くあるようです。

 

もしBing側を確認された事が無いようでしたら、いつも確認しているキーワードを是非チェックされる事をオススメします。

意外と穴場が見つかるかもしれませんよ...?

 

情報リテラシーの低い方が多く見受けられる

BingはMicrosoft製の検索エンジンです。

 

Windows 10に標準で付いている、Edge等のブラウザのデフォルト検索エンジンとして設定されていますよね。

 

...ここまで言えばおおよそ察しがついたのではないかと思いますが、情報リテラシーの低い方ほど次のような傾向があるのです。

 

  • Windows PCを選ぶ
  • PCで検索したい事があったら、標準ブラウザを起動し、そのまま検索ボックスに文字を入力して検索する

 

つまり、ペルソナを高年齢層の方々等へ設定されている場合は、Bing側だと割と有利に働く事が多いのです。

 

残念ながら、自分達夫婦が書いている記事はペルソナ設定が違うので、エビデンスをお見せすることが出来ませんが...。

 

もしそういったペルソナ設定をされている方がいらっしゃれば、非常にやりやすい事は想像に難くありませんので、是非試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回は、『Bing WEBマスターツール』に関する話を中心に解説していきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

色々と機能やメリットを書きましたが、やはり無料で使えるツールなのであれば積極的に使うべきだと思います。

「Googleユーザーが9割だから」という理由だけで、敬遠してしまうのはチョット勿体無いと思います。

 

無料である以上、メリットはあってもデメリットはありませんので、今まで敬遠されていた方は、是非活用される事をオススメします!

 

もう少しデータが蓄積してきたら、Googleからの流入ユーザとBingからの流入ユーザの差異についても、細かく解説してみたいところですね。

 

それでは今回はここまでとなります。

ありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


GoogleとBingを併用しているイメージ
宜しければフォローして下さると嬉しいです!