当ブログでは、エンジニア経験者の夫婦が経験談に基づいた有益情報を、それぞれ個々の持ち味を出しながら幅広く発信しています。

【旅行日記】人生初のタイ旅行【バンコク】

こんにちは、ゆめたろうです。

 

実は先日、人生初のタイ(バンコク)旅行に行ってきましたので、今日はその時の事について簡単にまとめてみようと思います。

 

ちなみに、実のところ海外旅行は15年ぶりくらいになるという事で…

英語力的な不安の他にも、バンコクと言えば「タクシーの距離メーターが搭載されてなくて、距離以上にぼったくられる」とか、「スリの被害が多い」とかの噂を聞いていた事も相まって、あまり治安が良くなさそうなイメージだったのですが…

結果的にはいずれも何とかなった形になります。

 

思ってたより英語も大丈夫だったのでビックリ。

別にTOEICとか大して勉強してるわけでもないんですが、大体の英語とジェスチャーで全然いけます。

値切り交渉とかもちゃんと出来たし、よっぽどヤバそうなところにさえ近づかなければ大丈夫かなと。

 

という訳で、旅行日記という形で簡単にご紹介していきます!

 

【1日目】いざバンコクへ

スワンナプーム国際空港の新ターミナル

飛行機着陸後、真っ先に目に飛び込んできたのがスワンナプーム国際空港の新ターミナルでした。

現在建設中という事でしたが、アジアNo.1のハブ空港を目指しているだけあってその規模に驚かされます。
※総面積で言うと、成田空港の3倍くらいあるみたいです。

 

バス移動中の風景

空港中の移動はバスでした。

運転席にいる職員さんが、勤務中であるにも関わらず凄くリラックスしていたのが印象的でした。

こういうところはホント、日本と違って自由な感じで良いですよね。

 

空港からホテルまでは、送迎を頼んでいたので道に迷ったりする事はなかったのですが…

しかしながら、運転の怖い事怖い事。

交通量が多いという事もありますが、かなり荒い感じでしたね(汗)

 

何はともあれ、事故に巻き込まれることもなく無事ホテルに到着出来たので良かったです。

 

バンコクの夜

そして、到着が夜だったので、いきなり夜のバンコクの凄まじさを思い知らされる事となったのですが…

 

もうね。都市部はホントにこんな感じの場所が多いです。

付き合いでお店の中に入ったりする事もありましたが、当然ながら妻を裏切るような事はしておりませんので、ご安心ください(笑)

 

バンコクの屋台

ちなみに、こんな感じの屋台も沢山。

 

色々なものをつまみ食いしましたが、中々に美味しい!

最近、タイの物価は急速に上がりつつありますが、まだまだコスパは良い方で、お腹いっぱい食べる事が出来ました!

 

【2日目】観光尽くし!

宿泊ホテルのプール

2日目は観光尽くしの日となった訳なのですが、ホテルにはプールやトレーニングジムが完備されておりましたのでそちらからご紹介。

お恥ずかしながら、泳ぎはあまり得意ではないという事で、気温は30~35度くらいと絶好のプール気候だったのですが、見るだけで満足してしまいました(汗)

 

宿泊ホテルのトレーニングジム

トレーニングジムの方はバッチリ使わせて頂きました。

早朝から一汗書いて、シャワーを浴びつつ観光支度と言った感じです。

ちなみに、ホテルの人に相談して、ワットパクナム⇒ワットアルン⇒シリラート医学博物館の3か所を、300バーツで巡ってもらえるように話をつけられたので、色々と手間が省けて良かったです。

 

ワットパクナムの3階にあった綺麗なオブジェ

という事で、まずはワットパクナムから。

寺院内で最も気になっていた場所がここ。

日本ではあまり見かけない独特の配色で、とても綺麗な装飾だったので思わず激写。
※本来、瞑想する場所なのでシャッター音は禁止です。ご注意を。

なお、この辺りはバンコクの中心部から少し遠ざかった場所になるので、ホテル周辺のにぎやかな喧騒から離れつつも、リアルなタイの民家、暮らしの風景を見れた事も勉強なったので良かったです。

 

 

ワットアルンの塔の写真

続いてワットアルンですね。

別名「暁の寺院」と呼ばれているそうですが、実際目の当たりにすると確かにそれっぽい。

タイらしい装飾かと言われると、ちょっと疑問を感じたので、後日調べてみたところ、どうやら中国美術の影響を受けているとのこと。

 

シリラート医学博物館にあった看板

最後にシリラート医学博物館

別名「死体ミュージアム」という事で、日本には絶対にこういう場所は無いですね。

犯罪者や事故・病気で亡くなった方々の死体(ホルマリン漬け)が大量に展示されていました。
※苦手な方もいらっしゃると思いますので写真は載せません。というか実は撮影禁止みたいです。

 

実際に生きていた人達なのかと思うと、ちょっと複雑な気分ですが、ガイドさんに聞いてみると「これはフェイクだよ!」と言ってました。

「え、そうなの??」と思いつつも、実際どうなんでしょう…。

 

謎が残りつつも、色々と衝撃的なものが多かったので強く印象に残りました。

 

【3日目】パタヤビーチへ!

3日目はガイドさん抜きで、BTSやらバスやらを駆使して自力で冒険してみる事に。

 

行き方については、こちらの記事を参考にさせて頂きました。

タイ一択

(赤印の場所がバンコク。パタヤはバンコクから南東に150km離れている。ちょうど東京から山梨の距離くらい) バンコクから…

 

早速BTSで方角を間違えるという凡ミスをやらかしつつ、「これ大丈夫か??」と言った感じの出だしでしたが、バスに乗ってからはひたすら待つだけだったので、特に問題なしでした。

 

そして、本来ビーチに行って景色を楽しむ事を目的としていたのですが…

 

ターミナル21パタヤ

目の前に「Terminal21 Pattaya」が現れる訳です。

 

バンコクにもターミナル21はあるのですが、なんでもこちらは最近出来たばかりらしく、ちょっと一息つきたかったので、これは行くしかないなと言った感じでした。

フロア毎に国のテーマがあって、イタリアやサンフランシスコ…そして東京エリアもあり、居心地が良かったので結構な時間を費やす事に(笑)

 

ターミナル21パタヤ内のカフェ

美味しいものを食べたり、色々なフロアを巡ったりしていると、本来の目的を忘れてしまいそうになりましたが、折角かなりの時間を費やしてここまで来ているので、3時間くらい滞在した後にいい加減移動する事に。

 

 

という事で、タクシーを拾いつつ値切りチャレンジも成功させながら、丘の上でビーチを眺められる「Coffee Break」というカフェに向かう事に。

コーヒーブレークという名前のカフェで撮った海の写真

残念ながら快晴とは言わず、なんとも微妙な感じの一枚となってしまいましたが、コーヒーを飲みながら一息つきつつ、本来の目標をちゃんと達成出来たのでどこかやり切った感を感じていました。

 

この後もう一度ターミナル21に戻って色々遊んでいたのですが、この後の帰りの事についてそこまで詳しく調べていなかった事もあり、結局バスターミナルに着いたのが現地時刻の21時過ぎくらい。

Bankok行きのバスは残すところあと一本だけという感じで、かなりギリギリな感じでした(危ない)。

 

とりあえず、大きな事件もなく無事にホテルに帰ってこれたので万事OK。

 

4日目は帰国準備して帰るだけだったので、大きな見どころも無いので思い切ってばっさりカットです。

 

まとめ

という訳で、今回はタイ旅行ネタでしたが、いかがでしたでしょうか?

 

幼い時に何度か海外旅行経験はあったのですが、今回はかなり久しぶりの海外旅行という事で、英会話含めて色々と身構えておりましたが…

実際に行ってみて、意外と何とかなるものだなというのが率直な印象でした。
※小さなハプニングは幾つかありましたが。

 

なお、今回は妻と一緒に行ったわけではないのですが、脱サラしてお金と時間が充分に出来たら、一緒に色々な国を回ってみたいですね。

 

あと、何とかなったとは言いつつも、なんだかんだ英語が完璧だったわけでは全然ないので、もう少し勉強した方が良さそうだな、という気持ちもあります。

こちらも時間が確保出来たら、しっかり勉強しておこうかなと思います。

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んで頂いた方に対して最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>


タイの国旗
宜しければフォローして下さると嬉しいです!